ジアマンチーナヨシマツ

当店で取り扱っているコーヒー豆の一つブラジルは「ジアマンチーナヨシマツ」という名前で国内流通しています。ブラジルのコーヒー豆の中でもボディと香りが高く、非常に優れたコーヒー豆です。その「ジアマンチーナヨシマツ」がどのような環境で生まれたか。また、生産者の吉松さんの生い立ちをご紹介いたします。(日本輸入元アジューダ、繁田武之様制作のテキストより)

吉松早苗 山口県熊毛町(現周南市)に(1946年5月22日に7人兄弟の末っ子として生まれる)

1965年12月ブラジルに渡るまで日立電車で溶接工として働いていました。当時日本の海外移住計画のなかにブラジルも含まれており、そのなかにコチア農業組合が提案する「コチア青年」というプロジェクトに参加しブラジルへ夢を抱いてわたります。

かれはまずカストロという入植地でジャガイモ栽培をし雇用農して生計を立てていました。

さらなる飛躍をするため1971年パラナ州マリンガに行きます。ここでは農場経営者、はじめて自分の農場をもちます。この時結婚、子供を授かりより大きな農場を持ちたいと1974年ミナス州ジアンマンチーナに2人子供とともに新たな挑戦をします、ジアンマンチーナは昔から金やダイヤモンドの産地であまり農業には適さない土地です。しかし町から少し離れたところで野菜作りから始めました。野菜栽培は順調にすすみ直接町に販売するという方法で繁盛しました。さらにはじめからの夢「珈琲栽培」をしたいと考えました。
しかしこの地域は珈琲栽培に適していないと国が決めており、珈琲栽培に欠かせない国の融資がうけられません。それでもどうしても珈琲が作りたいという一念ですべて自費で1978年6000本の珈琲を植えます。本来なら国の融資を受けてトラクターなどの機械化をしてするのが普通ですがすべて手作業でおこないました。危険をおかしだれもが「珈琲などできない土地」、「国も見放した土地」で1980年に最初の収穫ができ、さらにこれが高品質だったことは非常に感動しました。その後国もこの土地を珈琲栽適合地としてみとめ、農場も順調に拡大していきます。しかしここでうまくいくと今度は鉱山に夢がふくらみ、ガリンペイロ(金鉱堀)の事業に進出します。見事事業は失敗。利益の出ていた農場も1991年の珈琲相場の急落から行きづまり大きな負債を抱えます。その時子供は5人になり、どうにもならなくなり二男マルセロと二人で日本へ出稼ぎに。その時長男リカルドは西村農業学校で最新式の農業を学び(この時下坂さんの長男優とは同級生)今の農場経営の礎をつくります。

振り返ればこの時が一番苦しい時。その後出稼ぎからもどったヨシマツさんと二人の息子はいろいろな改善点を加え、とく珈琲栽培に欠かせない灌漑設備や乾燥機、倉庫、収穫機などを充実させ、とくに今は環境保護をもくてきにした自然を大事にする農業に取り組んでいます。つねにチャレンジしつづけたヨシマツさん、それを受け継ぐ二人の子供、いままで珈琲がとれないとされてきたジアンマンチーナいまでも栽培地位は、地域全体で340ヘクタール、その中でヨシマツの農場は80ヘクタールを占める。今まで日本に紹介されたことがなかった「ジアマンチーナヨシマツ」日本のみなさんに受け入れられることをヨシマツさんと息子たちは望んでいます。

農園データ

農園名 Riacho das Varas
所在地 Distrito de Conselheiro Mata – MG 220, km 157  Diamantina Minas Gerai  Brasil
S 18º 17´ 41,4”  W043º 57´ 00.2
標高 1047m
総面積 554ha
珈琲栽培面積 87.8ha
珈琲栽培本数 313500
品種 Mundo Novo, Catuaí, Catucaí
年間生産量 4200bags