雑記:1

店を持ちたいと思い、店舗を探している方も多いと思います。店舗探しの注意点やコツをご紹介します。
参考になれば幸いです。

【不動産と大家さん】
場所を探している最中に空きテナントを見つけると大抵、不動産の看板を見かけます「お問い合わせは○○不動産」と。で、その看板に記入されている電話番号に問い合わせてテナントを見せてもらい上手く行けばその流れで契約となります。または直接大家さんに問い合わせてテナントを見せてもらう…等が手順かと思います。
契約の前に幾つか注意しておけば後々面倒なことになりませんので参考にして下さい。

a)不動産屋の情報を集める。
どういったテナントに強いのか?テナントのデメリットを把握、説明してくれるか?できれば同不動産屋で契約した人がいてお話を伺えれば良。悪い不動産屋は必ず噂に上ります。なぜかというとテナント情報を右から左へ流して契約を取るだけの不動産屋も多いからです。私が最初に契約した所が「某コアラマークの不動産」でした。ココは酷かった。大家さんが突然業者ゴミの回収を止めた時もなんにも役に立たなかったし、火災保険加入を進めてきたり、テナントを出るときの最終話し合いに立ち会ってくれと頼んだにもかかわらず「2人で話し合ってくれ」といって来なかった。
契約の時だけ飄々と表れてややこしい場面には表れない…そんな業者を避ける為の確実な情報収集をオススメします。
因みに私の松山オススメ不動産は「東福不動産」。町の情報や地理に詳しく、借りる側にとって有難い条件を整えてくれます。例えば、住む場所なら不都合を大家に直してもらってから、もしくは交渉して(借りる側が修繕する代わりに数ヶ月家賃を下げてもらう。等。)契約。などの手順を踏んでいただけます。

b)大家さんの情報を集める。
テナント賃貸の理想はひょっとすると大家さんと長年の知り合いで、気と話が合い、そこから不動産屋を通して借りるのが理想かもしれませんね。通常の手順で行くならば不動産屋から大家さんに連絡をとってもらい、話し合いの日時をの決定、互いの条件を話し合い、合意、決定…の流れを組むと思います。この時点で借りる側は頭に予想図を描き始めていますから、ほぼ借りる前提に舞い上がってしまっている、、、ことの方が多いかと思います。
その前にするべきことは大家さんの情報をできるだけ多く集めた方が後のトラブル回避に繋がります。
近所での聞き込みと大家さんの名前でのインターネット検索は最低限行う方が納得いく方法だと思います。
大家さんの性格は一見では判りません。借りてからでは遅い場合だってあるのです。「貸してやっている」という態度の大家さんは止めた方が良いでしょう。勿論、「借りてやっている」という態度もダメです。お互いに「借りてもらっている」「貸してもらっている」という対等のポジションで話し合いができる人から借りた方がトラブル回避出来ます。契約の途中で第三者(身内を含む)が突然現れるのも要注意。話し合いの条件に変化が現れると言っても過言ではありません。この場合、契約を見直す、もしくは借りるのを辞めることも視野に含めた方が無難です。
【情熱と冷静の間】
タイミング良くテナントを見つけると「これって運命…⁉︎」なんて思います。半分当たりで半分勘違いと思いながら行動した方が無難です。どうしても開業したいという欲求は年齢が若ければ若い程、冷静さを失うと思います。
どういう訳かテナント情報は開業者の条件が整えば自然と話がやってきます。話が来なければまだそのタイミングではないと思いましょう。焦ってはダメです。
スタートは誰にでも切れますが、継続は複数の条件が重なります。不動産屋や大家さんはその条件の大きな割合となります。情熱と同じ温度の冷静さを持つと間違ったテナント選びをして遠回りすることは回避出来ます。
なお、ここに記載したことは私の経験から執筆しております。全てが当てはまるとは限りません。

790-0012 愛媛県松山市湊町4丁目12-8 木村ビル 木村 達 木村 八重子