雑記

雑記:4

インフルエンザ予防接種について。

2015年1月16日、FBでの更新案内で私は以下の文章を冒頭に書きました。

「インフルエンザが流行っているようですね。噂では年末に某病院で300人のインフル患者が押し寄せてきて、診察まで最大6時間待ちという帰って寝てた方が良いんじゃない?という状況だったと耳にしました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
私も店を始めてからというもの毎年予防接種に行っていたのですが、注射するとどうも体調が悪く、プチインフルみたいな症状と長い風邪で冬場は鬼門でした。ここ5年ほど予防接種を止めてから冬場の体調管理がやりやすくなったように感じます。
個人差?かどうか判らないままですが、巷のインフルに関する意見はそれぞれで、どちらが正しいのか判りませんね。実体験からお話しすると、多分私はもう予防接種は打たないと思います。」
個人差、個体差は大いにあると思います。別に最近よく見かける「〜は体に悪い」系の記事を見たからとかそんなことではなく、実際打たなくなって6,7年経ちますしね。そんなそれらしい事を言って煙に巻いているような話は信じてないわけですし。実際、私がいる業界でも眉唾話は多いですから(笑)斜めから見る癖が付いてしまってますので。で、実際の所SNSとかで出てくる話ってなんじゃいな?誰か教えて欲しいモノだと思っていましたところ、当店のお客様で「お医者さんの先生」である方からご教授頂きました。以下、コメントに寄せられた文章を掲載致します。

【そうおっしゃらずに、予防接種を打ってください。打たないと、人に感染させるリスクが大幅に挙がります。世の風潮で、予防接種はしないという「空気」がありますが、その何の根拠もない「空気」が老人や病人、幼児を死に追いやります。我々はすでに「風疹」や「はしか」で懲りているはずでは?少なくとも25年前の一人のバカ親とそれをあおったマスゴミのおかげでどれだけ先天性風疹で音を失った子供がうまれ、悲劇を招いているか?めでたく子供を授かっても、リスクにおびえる妊婦を生んでいるか。一人のわがままは100万人を殺すことにもなりかねません。予防接種を打って風邪を引いたような症状が出るのは、免疫反応が起こっているわけで、当然の生理現象です。熱いお風呂に入るか、温かいシャワーを第7頸椎棘突起(背骨の上の方の出っ張り)付近にあてると、少々緩和できます。不快な副作用があっても、それをしているから感染しても発症・重症化が防がれるんです。ワクチンで感染そのものは防げません。その後の免疫反応がすぐにおこるようにする準備なのです。変異で少々エピトープ(抗体が認識する立体構造)が変わっても、多くの場合ワクチン接種による効果は発揮されます。A型とB型が違ったりという大きな違いがあるときは別ですが・・・。予防接種は自分のために行うものではなく、人口集団全体を守るためのものです。これ、小学校で教えるべきことです。ちょっと熱く語ってしまいましたが、日本人のpseudoscience好きは度が過ぎています。この書き込みをする前に、予防接種をボイコットしよう!というページをいくつか覗きましたが、どれ一つとして科学的根拠で述べているものはありません。それらしく参考文献を載せていますが、根拠のないものばかり、もしくは、統計の曲解のオンパレード。どこの世界に予防接種はしなくて良いと言うウィルス学の専門家や医師がいるのでしょう。こいつら(いい加減なページを書いている輩)、正座させて小一時間問い詰めたい! あ、ごめん。筆が滑りました。決して怒っているわけではありませんが、はっきりと伝えたいことだったので、書きました。 ワクチンは己のためならず、世のためなり。】

予防接種が何のためにあるのかが良くわかるお話です。勿論、信じたい方を信じればいいので皆さんに強要するお話ではありません。自分で選択すればいいのです。活字になっていたり、権威が話したりするとつい引っ張られてしまいますが、思考停止せずに考えて判断しましょう。ネットに書いてあることは半分が嘘と考えても良いと思います。そこから真実を判断できるようになる。コレが大事です。


価格改定のお知らせ

【お知らせ】
今まで喫茶としてのあり方を模索し、美味しい珈琲を求め邁進してまいりました。
今後、より良い珈琲を目指すべく、珈琲豆の販売に力を注ぎたいと思います。
そこで、コーヒー豆販売価格と喫茶でのコーヒー価格を変更致します。

≪ 変更点 ≫
○豆売り価格が大幅に変更となりました。
○200gから100g単位での販売と致します。
(従来は100gから50g単位での販売でしたが、200gからの販売と致します。)
○珈琲豆送料が変更になりました。
(四国4県は一律450円、北海道、沖縄、離島は一律1000円、その他の都道府県は一律600円)
○珈琲豆容器持ち込みのお客様には購入量の1割を増量サービス致します。(変更なし)
○ネット販売でのポイントが変更になります。
(100円ごとに4ポイント。1ポイント1円の割引が付きます。)
○5000円以上お買い上げで送料が無料になります。

≪ 店舗のみでの変更点 ≫
○店舗での購入割引特典、500g以上購入割引を廃止致します。
○豆をご購入のお客様は店内での珈琲が1杯300円になります。
(サービス価格は200g毎。アレンジコーヒーは除く)

≪コーヒー豆包装、小分けについて≫
○最小購入単位が200gとなりましたので、200gで一袋と致します。
個包装でご希望の場合、別途袋代(1枚40円)頂きます。(例:200g購入、100gづつに分ける場合)


雑記:3

誰だって自身の仕事に水を刺されるのは嫌なことだと思います。「プロジェクトに横槍が入って、後一歩で到達出来るのに計画が廃案になる」これが嬉しい人は居ないでしょう。でも実は、程度は違いますが飲食店で行われている「仕事に水をさす」という行為は案外多いのです。

【歩み寄ってみませんか?】

例えば、私が始めてあなたの家に行ったとします。あなたは私に得意料理を出すためにいつもより良い食材を使い、いつもよりも時間をかけ、味見をして「よしっ!」と思ったものを出したとします。「どうぞ、召し上がれ」。
次の瞬間私がこう言ったとしましょう「あっ、スミマセン。醤油下さい」そして醤油をダババァーとかけて食べはじめる…。さて、あなたはどう思いますか?

「マズイ」と言うのは実に簡単です。でもこれは残念な言葉。「口に合わない」ならわかるのですが。
これを説明すると、始めてあった人に「おまえの彼女(彼氏)は凄くブサイクだよね〜。気が利かな上に貧乏人。なんで付き合っているの?」と同じ事です。言われた立場になってみると「マズイ」の言葉の意味がわかると思います。

万人が「うまい」ものなんて存在しないと思います。でも、個人が食を意識していれば見えてくるものがそれなりにあるのではないでしょうか?これを妥協する姿勢が大量消費を生み出すのです。「なんでもいい」なんてトンデモナイ‼︎
考えて下さい。一日3回食事しますよね。後自分がどのくらい生きられるか考えてみてください。…さて、後何回ご飯が食べれますか?


雑記:2

実は移転を視野に入れています。(2014年6月現在)勿論、状況で予定は変わるかもしれません。
本来はこの場所に20〜30年居させてもらおうと思っていましたが、気が変わりました。
最速であと4年後の2018年。または当店の開業20年目に当たる2020年には動こうかと考えています。
次の予定は喫茶(カップでの販売)は予定していません。豆売りのみで勝負したいと考えています。
(予定は未定なのでなんだかんだこの場所にいるかもしれませんし、喫茶続けているかもしれません。)

「豆売りだけで行きたい…」この考えは昔からの夢と理想でした。まぁなんとなく隠居生活出来る頃に出来たらなぁ…なんて考えていましたが、大家と考え方の相違がありまして「予定を早めても良いのかな?」と思い至りました。この大家との「考え方の相違」については移転した時に書こうと思っています。

790-0012
愛媛県松山市湊町4丁目12-8 木村ビル 木村 達 木村 八重子


雑記:1

店を持ちたいと思い、店舗を探している方も多いと思います。店舗探しの注意点やコツをご紹介します。
参考になれば幸いです。

【不動産と大家さん】
場所を探している最中に空きテナントを見つけると大抵、不動産の看板を見かけます「お問い合わせは○○不動産」と。で、その看板に記入されている電話番号に問い合わせてテナントを見せてもらい上手く行けばその流れで契約となります。または直接大家さんに問い合わせてテナントを見せてもらう…等が手順かと思います。
契約の前に幾つか注意しておけば後々面倒なことになりませんので参考にして下さい。

a)不動産屋の情報を集める。
どういったテナントに強いのか?テナントのデメリットを把握、説明してくれるか?できれば同不動産屋で契約した人がいてお話を伺えれば良。悪い不動産屋は必ず噂に上ります。なぜかというとテナント情報を右から左へ流して契約を取るだけの不動産屋も多いからです。私が最初に契約した所が「某コアラマークの不動産」でした。ココは酷かった。大家さんが突然業者ゴミの回収を止めた時もなんにも役に立たなかったし、火災保険加入を進めてきたり、テナントを出るときの最終話し合いに立ち会ってくれと頼んだにもかかわらず「2人で話し合ってくれ」といって来なかった。
契約の時だけ飄々と表れてややこしい場面には表れない…そんな業者を避ける為の確実な情報収集をオススメします。
因みに私の松山オススメ不動産は「東福不動産」。町の情報や地理に詳しく、借りる側にとって有難い条件を整えてくれます。例えば、住む場所なら不都合を大家に直してもらってから、もしくは交渉して(借りる側が修繕する代わりに数ヶ月家賃を下げてもらう。等。)契約。などの手順を踏んでいただけます。

b)大家さんの情報を集める。
テナント賃貸の理想はひょっとすると大家さんと長年の知り合いで、気と話が合い、そこから不動産屋を通して借りるのが理想かもしれませんね。通常の手順で行くならば不動産屋から大家さんに連絡をとってもらい、話し合いの日時をの決定、互いの条件を話し合い、合意、決定…の流れを組むと思います。この時点で借りる側は頭に予想図を描き始めていますから、ほぼ借りる前提に舞い上がってしまっている、、、ことの方が多いかと思います。
その前にするべきことは大家さんの情報をできるだけ多く集めた方が後のトラブル回避に繋がります。
近所での聞き込みと大家さんの名前でのインターネット検索は最低限行う方が納得いく方法だと思います。
大家さんの性格は一見では判りません。借りてからでは遅い場合だってあるのです。「貸してやっている」という態度の大家さんは止めた方が良いでしょう。勿論、「借りてやっている」という態度もダメです。お互いに「借りてもらっている」「貸してもらっている」という対等のポジションで話し合いができる人から借りた方がトラブル回避出来ます。契約の途中で第三者(身内を含む)が突然現れるのも要注意。話し合いの条件に変化が現れると言っても過言ではありません。この場合、契約を見直す、もしくは借りるのを辞めることも視野に含めた方が無難です。
【情熱と冷静の間】
タイミング良くテナントを見つけると「これって運命…⁉︎」なんて思います。半分当たりで半分勘違いと思いながら行動した方が無難です。どうしても開業したいという欲求は年齢が若ければ若い程、冷静さを失うと思います。
どういう訳かテナント情報は開業者の条件が整えば自然と話がやってきます。話が来なければまだそのタイミングではないと思いましょう。焦ってはダメです。
スタートは誰にでも切れますが、継続は複数の条件が重なります。不動産屋や大家さんはその条件の大きな割合となります。情熱と同じ温度の冷静さを持つと間違ったテナント選びをして遠回りすることは回避出来ます。
なお、ここに記載したことは私の経験から執筆しております。全てが当てはまるとは限りません。

790-0012 愛媛県松山市湊町4丁目12-8 木村ビル 木村 達 木村 八重子