コーヒーの香り

コーヒーの生豆には二百数種類程度の香気成分が含まれています。しかしこの香り、実は焙煎しなければ心地よい香りにならないのです。


【以下、Itmedia Healthcare より一部抜粋】
http://healthcare.itmedia.co.jp/…/arti…/1608/25/news057.html
コーヒーの香りの意外な効果

コーヒーの香りには、リラックス効果だけでなく、さまざまな健康効果が隠されています。
コーヒーの香りといえば、リラックス効果。あの独特の香ばしい香りをかぐと、心地良い気分になりますよね。実際、コーヒーの香りをかぐと、脳からα波が出るのだそうです。しかし、そんなコーヒーの香りは、実はリラックス効果にとどまらず、他の効果もあるといわれています。ビジネスパーソンにとって見逃せない効果も。そんなコーヒーの香りの効果に迫ります。

◯コーヒーの香りは3つに分けられる
コーヒーの香りは大きく分けて3つの香りに分けられるといわれています。それは、コーヒー豆を挽いてから飲むまでの工程で表れる香りです。1つは、コーヒー豆を挽いたときの香り「フレグランス」です。コーヒー豆は、それ自体に香りがありますが、ミルで挽くときに、最も強い香りを出すといわれています。そして次が、挽いた粉に湯を注いで抽出しているときの香り「アロマ」です。そして、口に含む瞬間に鼻と口へと直接広がる「フレーバー」と続きます。それぞれ、異なる魅力のある香りであることは、多くの人が知っていることでしょう。これらのコーヒーの香りは、いずれも人間に大きな影響を与えるといわれています。

◯「頭の回転を速くする」効果も
杏林大学医学部の古賀良彦教授によれば、コーヒーの香りをかぐと、α波という脳波が出現するといいます。脳にα波が出れば出るほど「リラックスしている」と判断されます。6種類のコーヒー豆を使用した実験では、特に、ブルーマウンテンとグァテマラの香りに多くα波が出現したといいます。そしてこの実験では、同時に「P300」という指標で情報処理能力への影響も測られました。結果、情報処理速度が上がり、脳がより活性化する効果があることも分かりました。
中でも、情報処理速度が特に早くなったのが、ハワイ・コナ、ブラジルサントス、マンデリンの香りでした。一方、先のリラックス効果が高い豆については、情報処理速度が遅かったといいます。

◯リラックスしたいなら「深煎り」、仕事のスピードアップには「中煎り」を
コーヒーには、コーヒー豆を挽く前に、豆を火で煎る工程があります。これを焙煎といいます。これにより、味と香りが引き出されるようになります。焙煎は、時間と温度などの度合いから、「浅煎り」「中煎り」「深煎り」などに分けられます。深煎りになればなるほど苦みが増すといわれています。実験では、浅煎りより深煎りの焙煎方法のほうが、リラックス効果が上がったのだそうです。また、情報処理速度については「中煎り」が最も効果が上がりました。
つまり、リラックスしたいときには深煎りがよく、仕事のスピードアップには中煎りが良いということになります。

豆の種類だけでなく、焙煎についても気にして選ぶのが、香りによる効果を高めるために有効であるというわけです。
ぜひコーヒーは味だけでなく、香りも気にして飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

…補足説明です。焙煎によって生じた香気成分は焙煎度によって変化します。しかし、生豆の中に含まれる成分が少ないと香りの変化も少なくなります。香りを持つコーヒーは成分が多く含まれたコーヒーともいえます。しかし、焙煎度が進むと(つまり深く炒ると)徐々に成分が熱により分解、減少していきます。そこで得られる香気成分はスモーク臭や刺激臭へと変化していきます。となると香りのベストポイントは、香気成分がある程度まで増え、のちに減少していく過程での減少手前で引き上げると最も香りの高いコーヒーが炒り上がるというわけですね。しかし、香りのベストポイントが味のベストポイントとは限りません。この頃合いが焙煎士の腕の見せ所というわけですd( ̄  ̄)

2016/08/28


V60新型ミル

HARIOから新しいコーヒーミルが販売されました。メッシュは44段階で調整可能。刃はコニカル。


家庭用では上位機種ですが、喫茶店でも十分使用に耐えれる製品だと思います。

【以下、日本経済新聞 より一部抜粋】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23HON_U6A820C1000000/
細かくひき具合を調節できる電動コーヒーミル HARIO

耐熱ガラスメーカーのHARIO(東京・中央)は電動コーヒーミル「V60 電気コーヒーグラインダー」を発売した。ハンドドリッパーやエスプレッソマシンなど抽出器具に合わせて44段階で細かく豆のひき具合を調節できるのが特徴。スイッチ部分にフィルターをセットしたドリッパーを押し当てれば、ひいたコーヒー粉を本体から直接入れることもできる。臼部にはステンレス製のコニカル刃を採用しており、粒の大きさがそろいやすいという。コーヒー豆を入れるホッパーの容量は約240グラムで一度に多めの量をひくことも可能だ。価格は税別2万8000円。全国の百貨店や専門店、家電量販店などで販売中。

【以下、HARIOホームページ より一部抜粋】
http://www.hario.com/pickup_EVCG-8B-J_m.html
V60電動コーヒーグラインダーNEWV60電動コーヒーグラインダー
ハンドドリップをおいしく淹れるために作りました。
粒度調節ダイアルでハンドドリップに最適な中挽きから粗挽きまで、お好きな粒度(44段階)が設定できます。

品番 EVCG-8B-J
カラー
製品サイズ 幅 230 × 奥行 135 × 高 390mm
容量 コーヒー粉 240g
重量 2.45kg
価格 ¥28,000(本体価格)

…エスプレッソから粗挽きまで。こんなミルが欲しかった人って沢山いらっしゃるのでは?
最近、メーカーも機能を充実させ、高くても良いものを、理解いただける方の痒いところに手が届く商品を開発、販売しているように感じます。このミルも価格は税別2万8000円となっていますが、業務使用でコニカル刃の似たようなグラインダーを買おうと思えば10万以下はまず考えられません。かなりの企業努力が見える価格設定だと思います。
チョット触りたいですね〜( ^ω^ )
14051796_844389258994663_8751928152295826228_n

s016/08/26


ターニングポイント

今では当たり前にスーパーなどで売られているコーヒー豆(挽き)。この挽いた状態の豆を最初に販売したのは誰か?


その解説をしたムービーが紹介されていましたので、掲載いたします。

【以下、Gigazine より一部抜粋】
http://gigazine.net/news/20160821-how-coffee-got-quicker/
コーヒーを自宅で作るのが劇的にスピードアップしたターニングポイントとは?

起床時や休憩中などの短い時間でもサッと手軽に作れるコーヒーは、紅茶やお茶と並んで一般家庭で広く親しまれているドリンクです。コーヒー通の人でない限り、コーヒーを豆から焙煎してドリップするということまではしませんが、一昔前までは自宅で焙煎からドリップまでを行うのが一般的でした。そんな手間のかかる飲み物だったコーヒーは、ある人物のアイデアによって作り方が一気に簡略化されたとのことで、プレゼンテーションのカンファレンスで知られるTEDが当時のストーリーをクリエイティブなアニメーションムービーにまとめています。

『1849年にニューヨークで人気があったコーヒーショップのHopw Millsで働いていたWilliam H. Boveeという男性が、ゴールドラッシュで沸くカリフォルニアにやってきました。Bovee氏の夢はゴールドラッシュに便乗してビジネスを展開すること。しかし、コーヒーを愛飲していたBovee氏は、ニューヨークではコーヒーショップで売られていた焙煎豆がカリフォルニアでまだ発売されていないことを知りショックを受けたとのこと。当時のカリフォルニアを含めたアメリカ西部では、コーヒーの生豆を購入し自宅で焙煎してコーヒーミルではないハンドクランク付きの器具で挽いていました。ニューヨークとは違いカリフォルニアではコーヒー文化が発展しておらず、Bovee氏は一般家庭でも手軽にコーヒーを楽しめるようになればと考えます。

そこでBovee氏は「Pioneer Steam Coffee & Spice Mill」という会社を設立し、カリフォルニアで初めてとなるコーヒーミルを発売。コーヒーミルをコーヒーの生豆とセットで販売し、消費者は自宅で以前よりも容易にコーヒーを入れることが可能になりました。コーヒー豆とセットになったコーヒーミルの販売が好調だったものの、Bovee氏はコーヒーミルからさらにステップアップし、焙煎豆を特製のコーヒーミルで大量に挽いて、それを缶に詰めて販売するというアイデアを思いつきます。

挽かれた豆が入った缶詰のコーヒーは、購入さえしてしまえばドリップするだけで飲めます。Bovee氏は消費者がコーヒーを入れるのにかけていた時間を大幅に短縮化することに成功。この時から、コーヒーは自宅で手軽に飲めるドリンクとして一般市民にも定着していきました。今では焙煎した後に挽いて粉状になったコーヒー豆がスーパーやコンビニでも販売されていますが、これの先駆けだったのがBovee氏というわけです。Bovee氏は、その後にPioneer Steam Coffee & Spice Millを同僚のJim Folger氏に売却。のちに「Folger’s Coffee」へと名前を変え、同社は2016年現在アメリカで広く普及しているコーヒーのブランドへと成長しています。』

なお、ムービーのコメント欄には「非常にためになる話だけど、ムービーのペーパークラフトがすごくて話に集中できない」「ペーパークラフトが素晴らしくて話を理解するのに2回見る必要がある」など、コーヒーよりもムービーで描かれるペーパークラフトのアニメーションに興味を持ったユーザーの投稿が目立っているので、コーヒーに興味がない人でも楽しめるようになっています。

…これ、リンク先にジャンプしてムービー見てください。ペーパークラフト(早回しですが)に魅入ってしまいます。
英語が聞き取れるかたでも集中できない(ハズ)と思います。文中にもありますが、いい事言ってるのに集中できず、「コーヒーカップのペーパークラフトムービー」という印象のみ強く残りそうです(⌒-⌒; )

2016/08/22


カフェインレスのメリット

最近の研究のお陰で、昔のように(カフェイン = 悪)の図式は誤解であると認識していただけていると思います。


日常でのコーヒー飲料における選択肢の幅が広がったのかな?と解釈しています。

【以下、ITmedia Healthcare より一部抜粋】
http://healthcare.itmedia.co.jp/…/arti…/1608/19/news059.html
カフェインレスコーヒーの健康効果
カフェインを除去した「カフェインレス」や「デカフェ」のコーヒー。思わず選びたくなる情報がここにあります。

カフェインを含まない「カフェインレス」コーヒーや「デカフェ」と呼ばれるコーヒーを、最近はよく見かけるようになりました。わざわざカフェインを抜いたものを飲むという行為には、どのような理由があるのでしょうか。今回は、カフェインレスコーヒーのメリットを健康面・生活面から探ってみます。

◯「カフェインレスコーヒー」はどうやって作られている?
カフェインレスコーヒーやデカフェのコーヒーは、その名の通り、コーヒーからカフェイン取り除いたものです。日本では、まだ普及しつつあるところですが、海外では利用者が多く、大手のカフェチェーンなどでは当たり前のようにメニューが存在します。日本でも、大手メーカーが市販品のカフェインレスコーヒーを販売するようになり、身近な飲み物になりつつあります。カフェインを取り除く方法は、主に二酸化炭素抽出法、水による抽出法、有機溶剤による抽出法の3つ。日本では有機溶剤による抽出法は禁止されているため、二酸化炭素か水を使った方法が使われています。

◯カフェインレスのメリット
このカフェインレスコーヒーの一番のメリットは、カフェインの作用を気にする必要がないところにあります。カフェインの作用といえば、興奮作用や覚せい作用、利尿作用、解熱鎮痛作用などがあります。その他、副作用として不眠、めまいなども広く知られています。特にカフェインの覚醒作用は、頭をスッキリさせるのに役立つ反面、夕方以降に飲むと、夜の睡眠の妨げになってしまいます。カフェインレスコーヒーは、この点、好都合といえます。また、妊娠中・授乳中の女性にとっては、カフェインの作用を避けるのにカフェインレスコーヒーが適しているといわれています。

◯寝る前コーヒーでぐっすり
特に、眠れなくなることで避けられがちなコーヒーですが、実はコーヒーの香りそのものには、リラックス効果があります。カフェインレスコーヒーにも、普通のコーヒーの香りがそのまま残っているため、香りによる入眠効果も得られるといわれています。つまり、コーヒーを飲んでぐっすり、ということが実現できるのがカフェインレスコーヒーの大きなメリットかもしれません。

…冒頭にも書きましたが、(カフェイン = 悪)は誤解です。確かに体に作用する成分であることは確かですが、どんなものでも「過ぎたるは及ばざるが如し」で過剰摂取する行為が悪なのです。天然成分なだけに目立たなかった。しかし合成カフェインとエナジードリンクで注目を浴びてしまったという事です。その流れがあるかどうか?は別として、カフェインレスを選択する人の気持ちが、単純に(カフェイン = 悪)ではなく、このシチュエーションならばカフェインレスを飲みたい、、。というふうに変わってきているように思えます。今後、カフェインレスは健康志向(よくわからないソースの非科学的な迷信を含む)からの選択ではなく、「今日はマンデリンにしようか?それともコロンビア…」と同じ感覚、つまり選択肢の1つになっていくものだと思っています。

2016/08/21


8月19日

プレビュー【ネタバレ無し】

先日家族3人で映画に行きました。月末で5歳になる娘は映像への集中力逞しく、2時間しっかりと見ることが出来るので映画好きの私にとって途中邪魔されることがない(例:飽きて騒ぎ出したり、途中にトイレに行ったり)為に安心して一緒に楽しめます。なにせ、スターウォーズepisode7を映画館で見れましたからね。これには驚きました。

前置きが長くなりましたが、映画のプレビュー(予告)ってワクワクするし、次回の鑑賞候補にもなりますよね。
でも、下手するとプレビューの方が面白かったり、プレビューが全てだったりと出落ちのような映画に巡り合ったことありませんか?先日見た「ペット」(http://pet-movie.jp/)が割とこれにあたる作品でした。プレビューの編集者とか配給責任者とかなんとも思わないのですかね?クスッと出来る場面がプレビューにてんこ盛りで、本編で萎える。「あー、みたみた(棒)」みたいな。あらすじの触れ具合は悪くないのに。あのプレビューで鑑賞の楽しみが3割減してますね。実に残念です。映像やカメラワーク、CGの質は流石ピカイチ。プレビューを見てなかったらそれなりに楽しめた映画だと思いました。

これと真逆なのが「シン・ゴジラ」ですね。情報を最小限に、ネタバレが無いように注意を払って一般公開まで殆ど作品の内容が分からないままでした。このプレビューはたいしたもので、街にゴジラが現れて人が逃げ惑うだけというもの(http://www.shin-godzilla.jp/sp/trailer/)。下手すると駄作か?と思わせるプレビューに鑑賞前の期待は低かったと思います。が、鑑賞後、次から次へと意外な展開が起こり、想像以上の驚きを浴びせられる為に、低かった期待を軽く凌駕して高評価になるという現象が起きました。この宣伝は大成功で、現在の興行成績を見れば一目瞭然です。SNSなどで口コミ、拡散していった好例ではないでしょうか。

そんな訳で、昔のプレビューはもっと控えめだったよな〜と感じる火曜日でした( ^ω^ )


エネルギーへの再生

コーヒーカスの利用法については、過去に何度かこの場でネタにしましたが、今回の再生はコーヒーカスの新たな循環モデルを提言しています。


【以下、FUTURUS より一部抜粋】
http://nge.jp/2016/08/15/post-134164
使用済みコーヒーをエネルギーに再生する、サステナブルなバイオ燃料企業「bio-bean」

コーヒーは、世界各地で摂取されている代表的な飲み物。国際コーヒー機関(ICO)によると、2015年に世界で消費されたコーヒーの量は912.6万トンで、その規模は、2011年以降、年率2.0%のペースで成長している。また、英バース大学の研究結果によると、抽出した後の使用済みコーヒーには重量の20%程度に相当する油脂が含まれており、優良なバイオ燃料として活用できることが明らかとなっている。

◯使用済みコーヒーをバイオ燃料に再生
英ロンドンで2012年に創設されたスタートアップ企業『bio-bean(ビオ・ビーン)』は、使用済みコーヒーを活用したバイオ燃料の生産に取り組む先駆的存在として知られている。
『bio-bean』では、コーヒー加工メーカーや飲食店、オフィスなどの事業者から使用済みコーヒーを回収し、ケンブリッジシャー州のリサイクル工場で、液体バイオマス燃料や固形燃料として再生。1年間で、英国のコーヒー総消費量の約10%にあたる5万トンを再生処理できるそうだ。ここで再生されたバイオマス燃料は、使用済みコーヒーを排出した事業者に再び供給。コーヒーの消費から廃棄、再生、再流通にいたる、新たな循環モデルを実現している。

◯バイオマス練炭「CoffeeLogs」を量産化
さらに、『bio-bean』は、使用済みコーヒーを再生した一般消費者向けプロダクトとして、家庭用暖炉や野外バーベキューなどで利用できるバイオマス練炭『Coffee Logs』を開発。従来の木炭に比べて、早く着火し、長時間、よく燃えるのが特徴だ。量産化に先立ち、クラウドファンディングを開始し、目標額2万ポンド(約266万円)に対して、5万5000ポンド(約730万円)を超える資金を調達している。

…そのうちに古紙回収と同じように回収業者が出来て、各家庭や店舗のコーヒーカスを回収、再生までを手がける業者が出て来れば良いなと思います。私の知り合いで、カスを堆肥に変えて販売している方がいますが、話を聞くと結構大変で、堆肥にして販売するまでに手間とお金がかかるそうです。でも出来た堆肥は「実をつける」木にとても良く、糖度が上がるそうです。手間はかかっても良いものができるならそれがいいと考えている私には、このコーヒーを使った燃料は期待と未来があるように思えます。

2016/08/17


市場拡大

コンビニコーヒーの影響です。確実に。さて、この流れが何処まで浸透し、家庭内での消費に繋がっていくか?


ここがマイクロロースターとしての課題だと考えております。

【以下、読売オンライン より一部抜粋】
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160811-OYT1T50050.html
コーヒー市場の拡大続く…消費量、3年連続最高

国内のコーヒー市場が拡大を続けている。

人口減にもかかわらず、家庭や大手チェーン店などで飲まれるコーヒーの消費量は2015年まで3年連続で過去最高を更新、生豆の輸入も右肩上がりだ。コンビニエンスストアの「レジ横コーヒー」など異業種参入が市場を活性化させている。老舗メーカーも新商品の投入で流れに乗り遅れまいと躍起になっている。全日本コーヒー協会によると、15年の国内のコーヒー消費量は過去最高の約46万2000トンで4年連続で増えた。海外からの生豆やコーヒー粉の輸入と国内在庫を合わせた供給量も伸び続け、15年は66万トンと過去最高だった。今年1~6月も、生豆の輸入量は前年同期比9%増と増加を続けている。

…この国内コーヒー市場の拡大はいつまでも続いて欲しいものです。日本におけるコーヒー輸入量は世界ランキングで4位(2014データ)。しかしながら国民一人当たりの年間消費量は14位(2014データ)と輸入量の割には国内消費量が伸びません。では一人当たりの消費量1位は何処か?と言いますと、1位はなんとルクセンブルク。1年間に国民一人当たり2780杯ものコーヒーを飲んでいることになります。これは、日本やアメリカのおよそ8倍。ルクセンブルグはドイツ、ベルギー、フランスに囲まれた西ヨーロッパの小国ですが、嗜好品に掛かる消費税が低く、周辺諸国からの買い物客が多いことが、この数字に貢献しているようです。2位はフィンランド、3位はデンマークと北欧の国々が続いています。この国民一人当たりの消費量が今後どの様に伸びていくのか?ある意味、コンビニコーヒーのおかけで若干かもしれませんが伸びている様な気がしています。その流れがご家庭での消費に繋がっていけばなぁと思う次第であります(@ ̄ρ ̄@)

2016/08/13


氷コーヒー

当店で提供しています「水出しコーヒー」は氷もコーヒーで作っています。氷コーヒーの作り方は簡単。


…製氷皿にコーヒーを注ぐだけです。

【以下、ニュースウォーカー プラス より一部抜粋】
http://news.walkerplus.com/article/83797/
自宅でも簡単にできる、カフェみたいな「氷コーヒー」

飲んでいるうちに冷たさとコーヒーの濃さが増していく“氷コーヒー”。コーヒーが少し苦手な人でも牛乳たっぷりで飲みやすく、夏になると飲食店などで見かけることが多い。そんな夏の新定番ドリンクを、最近は自宅で作るのがブームになっている。コーヒーを凍らせてミルクを注ぐだけなので、作り方も簡単! ガムシロップを加えて甘くすると、コーヒー牛乳感覚で飲めるので、子どもからも好評のよう。かわいい製氷皿を使えば見た目もカフェのようにおしゃれで、おもてなしにもピッタリ。自家製の水出しコーヒーはもちろん、市販のアイスコーヒーを使えばすぐに作れる。お手軽レシピご紹介!

【氷コーヒーの作り方】
材料/アイスコーヒーは製氷皿に、牛乳は使用するグラスに合わせて、適量を注ぐ。

1.製氷皿にアイスコーヒーを注ぎ入れる。アイスコーヒーは市販のものでもOK!
2.冷凍室で充分に凍らせ、ボウルなどに氷を取り出す。氷が割れないように気をつけて。
3.氷をグラスに入れる。グラスの半分くらいの量が目安。
4.牛乳を注ぐ。ストローなどでかき回すと、溶けたコーヒーとバランスよく混ざる。

【作るときのポイント】
初めは見た目が白いのでコーヒーが少ないかな……と思うけれど、氷が溶けてくると味が濃くなるので大丈夫! 最初に牛乳を入れ過ぎてうすくならないように注意して!

…まさかこんな事がネタなんて、ビックリする記事ですね。折角なので当店の氷コーヒーはどうしているかと言いますと、水出しコーヒーを使っています。通常で抽出したコーヒーだと、氷になった時下側と上側で濃度に差が出てしまいます。下側はコーヒーの成分が沈殿気味になり、上側は薄いコーヒーになってしまいます。水出しだと大体均一な色のコーヒーになりますね。これ、チョットしたポイントです。お試しあれ〜。
13876542_835268186573437_175237133241136069_n

2016/08/11


肝臓癌リスクの低下

コーヒーと肝臓ガンについては以前より論文等でいろいろ発表されていますが、たくさん飲む人は癌になりにくいという論文が出てきましたのでご紹介します。


【以下、MAG2news より一部抜粋】
http://www.mag2.com/p/news/213677
お茶やコーヒーを毎日飲むと腎臓がんのリスクが低下 ーハーバード大

お茶とコーヒーも、腎臓癌のリスクを下げる。日本人の我々はお茶、西洋人はコーヒー、両方とも健康によいようです。

以前から、緑茶やコーヒーには抗酸化物質が含まれているため、たくさん飲む人は癌になりにくいといわれています。実際、50万人もの人を対象とした調査でも、お茶やコーヒー愛好家には腎臓癌になる人が少ないことが確認されています。ハーバード大学医学部Dr. Jung Eun Leeらが、癌専門誌International Journal of Cancerに報告した研究は、530,469名の女性と244,483名の男性を含む13研究を見直したものですが、コーヒーやお茶が腎臓がんを予防すると結論しています。

それによりますと、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、1杯以下の人に比べて腎臓癌になる頻度が16%低く、また1日8オンス(約250cc)のお茶を飲む人も、腎臓癌のリスクが15%低いとしています。その一方で、牛乳、ソーダ水などにはそのような効果は認められなかったそうです。その理由については、コーヒーやお茶には血糖値を下げるインシュリン感受性を高める効果があり、さらに抗酸化物質が多く含まれているため、発がんダメージを抑えて腎臓癌のリスクを下げるとしています。実際は、これらが複合的に作用して効果を示したものと考えられますが、何はともあれ、コーヒー党の人やお茶好きの人には、うれしい内容です。

…最近のコーヒーと健康に関するデータから関節に纏めると(コーヒーは1日5杯まで。熱いコーヒーは避け、温いくらいで飲むのがベター)で病気のリスクが低下する。と、そんな感じでしょうか?美味しく飲んで、楽しく笑って。心の清涼剤のようにコーヒーを飲めば健康!といきたいですね。私はそうしますけど。
● Intakes of coffee, tea, milk, soda and juice and renal cell cancer in a pooled analysis of 13 prospective studies.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17583573

2016/07/31


8月1日はカフェオーレの日

知ってました?カフェオーレの日。何故8月1日なのか?それは動画の後半でわかります。そこには驚きの理由が…


【以下、engadget より一部抜粋】
http://japanese.engadget.com/2016/07/29/glico/
Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。夏休みの真っ最中ということで、今回は大人の社会科見学です。8月1日のカフェオーレの日を目前に控え、東京グリコ乳業がメディア向けに工場の一部を公開しました。巨大ドリップマシーンともいえる工場の内部では毎日、カフェオーレのためのコーヒーをドリップしています。今回はその模様を動画でどうぞ。動画の尺は4分30秒。

…リンクを踏んで動画を参照ください。
しかし、毎日抽出したものをパックに詰めて出荷してるのですね〜。100kgの焙煎豆を10倍抽出。約80度で抽出時間は1時間。なんとも気になる数値です。動画ではドリップコーヒーでの抽出に拘ってカフェオーレを作っているのか?同じ豆を使って飲み比べしてみる模様など、面白い内容でした。この社会科見学は行きたいー。
13872636_828315310602058_7238695198134304245_n

2016/07/30